2018年6月 7日 (木)

法定相続情報一覧図作成上の注意点

 

                              

                                                             
                               

平成30年度税制改正により、相続税の申告書の添付書類の範囲の改正が行われました。

 

改正前は「戸籍謄本」で被相続人のすべての相続人を明らかにするものの添付が必要でしたが、平成30年4月1日以後は、加えて「法定相続情報一覧図の写し」や、それらの書類のコピーの添付も認められることになりました。

 

ただし、「法定相続情報一覧図の写し」を添付する場合には、いくつかの注意点がありますので確認していきたいと思います。

 

1.法定相続情報証明制度の概要

 

不動産の登記名義人(所有者)が死亡した場合、所有権の移転の登記(相続登記)が必要となりますが、近年、相続登記が未了のまま放置されている不動産が増加し、これがいわゆる所有者不明土地問題や空き家問題の一因となっていました。

 

そこで法務省において、相続登記を促進するため「法定相続情報証明制度」が新設され、平成29年5月29日から運用が行われていました。

 

相続人は法務局(登記所)に対し、 被相続人が生まれてから亡くなるまでの戸籍関係の書類等とともに、それらの記載に基づく法定相続情報一覧図(被相続人の氏名・最後の住所・最後の本籍・生年月日及び死亡年月日並びに相続人の氏名・住所・生年月日及び続柄の情報)などの必要書類を提出し、登記官がその内容を確認して認証文付きの「法定相続情報一覧図の写し」を交付します。

 

その申出をすることができるのは被相続人の相続人とされていますが、法定代理人のほか、民法上の親族、弁護士、司法書士、土地家屋調査士、税理士、社会保険労務士、弁理士、海事代理士及び行政書士も代理人となることができます。

 

また、申出をすることができる登記所は、①被相続人の本籍地、②被相続人の最後の住所地、③申出人の住所地、④被相続人名義の不動産の所在地を管轄する登記所のいずれかとされていますが、郵送によることも認められています。

 

交付された「法定相続情報一覧図の写し」が、相続登記の申請手続をはじめ、被相続人名義の預金の払戻し等、様々な相続手続に利用されることで、相続手続に係る相続人・手続の担当部署双方の負担が軽減されます。

 

一覧図の写しは相続手続に必要な範囲で複数通発行可能であり、法定相続情報一覧図の保管期間中(5年間)は再交付することも可能です。

 

ただし、再交付の申出をすることができるのは当初一覧図の保管等申出をした申出人に限られており、他の相続人が再交付を希望する場合は、当初の申出人からの委任が必要となります。

 

なお、主な法定相続情報一覧図の様式及び記載例は法務局のホームページ

 

http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/page7_000015.html)で確認することができます。

 

2.相続税の申告書の添付書類としての法定相続情報一覧図作成上の注意点

 

国税庁は、本年4月に相続税の申告書の添付書類の範囲についてのリーフレットを公表しました

 

(https://www.nta.go.jp/publication/pamph/sozoku/shikata-sozoku2017/pdf/h30kaisei.pdf)。

 

その中において、「法定相続情報一覧図の写し」を添付する場合の注意点が記載されています。

 

(1)様式について

 

「法定相続情報一覧図の写し」は、図形式のほか、被相続人及び相続人を単に列挙する形式(列挙形式)により作成することが可能です。

 

しかし、列挙形式では相続人の法定相続分が確認できないケースも生じるため、申告書の添付書類として利用する場合は、図形式のものに限られることになります。

 

(2)続柄の記載について

 

相続人である子の続柄については、単に「子」と記載されているだけでは実子または養子のいずれであるかがわからないため、申告書の添付書類として利用できないことになります。

 

戸籍上の続柄(長男・長女・養子など)により記載されている必要があります。

 

なお、被相続人に養子がいる場合、その養子の戸籍の謄本又は抄本(コピー可)の添付も必要となりますのでご注意ください。

                                                                 

提供:税経システム研究所

2018年5月21日 (月)

一定額を超える弔慰金は退職手当等として課税対象に


                                                                                                                                                                                         

 

                              
                                 

被相続人が生前に勤めていた会社から相続人が受け取る金銭のうち、死亡退職金は相続税の課税対象になる一方、弔慰金は課税されない。弔慰金は、香典や花輪代、葬祭料といった名目で支払われることもあるが、税務上、社会通念上相当と認められるものは所得税や贈与税が課税されないことになっている。そこで、判断に迷うのは「社会通念上相当と認められる金額」の範囲である。

 

相続税基本通達(3-20)では、亡くなった従業員に支給されるべきだった退職手当金や功労金など、その名義のいかんにかかわらず実質上退職手当金等に該当するものを除き、弔慰金として取り扱うこととしている。具体的には、業務上死亡の場合には賞与以外の普通給与額の3年分相当額を、また、業務上の死亡でない場合には、普通給与額の半年分相当額を、非課税となる弔慰金として取り扱うことを定めている。

 

この範囲を超える部分は、相続税の課税対象となる退職手当金等として取り扱うこととしている。仮に、その通達により弔慰金として取り扱われたもののなかに、社会通念上相当と認められる額を超える部分があるとすれば、本来、その部分は退職手当金等として取り扱うべきであり、その通達により弔慰金として取り扱ったものについては、社会通念上相当と認められる範囲内のものである、というのが国税当局の考え方である。

 

つまり、弔慰金は、原則として社会通念上という国民感情の観点から課税の対象とはならないことになっているが、課税されないことを利用して節税として使われることがある。そこで、弔慰金として妥当と判断できる一定の金額は課税せず、超えた部分は過度な弔慰金と判断して、課税対象にしている。そして、弔慰金は従業員の死亡退職に伴い会社から支払われるため、退職手当金等として相続税の課税対象となるわけだ。

 

なお、上記の「業務上の死亡」とは、被相続人が亡くなった原因が業務中に起こったことであり、業務と関係性が深い原因がある場合には業務上の死亡と判断される。例えば、業務遂行中に発生した事故等により亡くなった場合や、出張中に発生した事故等で亡くなった場合、仕事が原因とされる職業病によって亡くなった場合などが該当する。また、通勤途中の災害についても業務上の死亡と判断される。

                                                                    

提供:株式会社タックス・コム

2018年4月26日 (木)

4月以後から広がる相続税申告書の添付書類の範囲

 

                              
2018/04/24
                                                             
                                                                                                 
                                 

2018年度税制改正に伴い、相続税申告の添付書類についての改正が行われ、相続税法施行規則の改正により、2018年4月1日以後に提出する申告書から、法務省が行っている「法定相続情報証明制度」で取得が可能な「法定相続情報一覧図」についても、一定の条件をもとに添付書類として認められる。これまで、相続税の申告書には、(1)「戸籍の謄本」で被相続人の全ての相続人を明らかにするものを添付しなければならないこととされていた。

 

しかし、4月1日以後は、(1)の書類に代えて、(2)図形式の「法定相続情報一覧図の写し」(子の続柄が、実子又は養子のいずれであるかが分かるように記載されたものに限る)、(3)(1)又は(2)をコピー機で複写したもの、のいずれかの書類を添付することができるようになった。被相続人に養子がいる場合には、その養子の戸籍の謄本又は抄本(コピー機で複写したものも含む)の添付も必要となる。

 

「法定相続情報一覧図の写し」とは、相続登記の促進を目的として、2017年5月から全国の法務局で運用を開始した「法定相続情報証明制度」を利用することで交付を受けることができる証明書のことで、戸籍に基づいて、法定相続人が誰であるかを登記官が証明したもの。相続手続きは、法定相続情報一覧図の写しを利用することで、戸籍関係の書類等一式を何度も出し直す必要がなくなった。

 

今まで、相続人は、遺産(不動産や預貯金等)に係る相続手続きに際し、被相続人が生まれてから死亡するまでの戸籍関係の書類等一式を全て揃えた上で、同じ書類を管轄の異なる登記所や各金融機関など、相続手続きを取り扱う各種窓口に何度も出し直す必要があった。法定相続情報一覧図の写しは、様々な相続手続きに利用されることで、相続手続きに係る相続人・手続きの担当部署双方の負担の軽減が期待されている。

 

なお、法定相続情報一覧図の写しは、相続人等が、亡くなった人の本籍地・最後の住所地、申出人(相続人等)の住所地などを管轄する法務局のいずれかで、必要種類と合わせて申出をすることで、無料で交付を受けられる。申出の手続きは、相続人のほか、法定代理人、民法上の親族、資格者代理人(弁護士、司法書士、土地家屋調査士、税理士、社会保険労務士、弁理士、海事代理士、行政書士に限る)が代理をすることができる。

                                                                    

この件については↓
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/sozoku/shikata-sozoku2017/pdf/h30kaisei.pdf

                                                                    

提供:株式会社タックス・コム

2018年2月24日 (土)

不動産所得の計算にあたり、改めて確認しておきたい事項【必要経費編】

                                
 
                                                                                                   
                                 

1.賃貸用不動産の購入にあたり、売主に支払った固定資産税の精算金額

                                                                    

不動産売買の際に、その売買が行われた年度の固定資産税について、売主と買主の間でそれぞれの所有期間に応じて精算することが慣行として行われています。

                                                                    

ところで固定資産税の納税義務者は、その年の1月1日における不動産の所有者とされており、年の中途で所有していた不動産を譲渡した場合であっても、その年度の固定資産税の納税義務者は1月1日現在の所有者である売主ということになります。

                                                                    

不動産の売買代金とは別に固定資産税の精算金額を支払ったとしても、このような金額の精算は不動産売買に対するひとつの条件にすぎず、不動産の購入代金の一部として支払われるものと考えられています。

                                                                    

したがって、不動産所得の計算上は必要経費に算入することはできず、購入した賃貸用不動産の取得価額に含めることとなります。

                                                                    

なお、売主が個人の場合、受取ったこの精算金額は不動産の譲渡代金に含めて譲渡所得の計算を行うことになります。

                                  
                                                                 
                                 

2.新たに賃貸用不動産を取得する際の借入金利息の取り扱い

                                                                    

たとえば、賃貸用アパートを新たに建築する場合、建築途中の段階では家賃収入が発生しないため、その借入金の利息は「収入を得るために直接要した費用」には該当せず、必要経費に算入することができないように思われます。

                                                                    

しかし、既に業務を営んでいる者が、業務用の固定資産を借入金により取得する場合、その利息は必要経費に算入できることとされています(所基通37-27)。

                                                                    

したがって、既に不動産の貸付業務を行っている者が、新たに賃貸用アパートを建築することはその業務の拡張行為であり、以前から所有しているものと新しく建築するものを区分して考える必要はなく、不動産所得の業務の遂行上生じたものとして、その借入金利息は必要経費に算入できることとなります。

                                                                    

なお、この場合であっても、新しいアパートの貸付業務の開始までの期間に対応する部分の利息については、その取得価額に算入することも可能です。

                                                                    

ただし、新たに不動産の貸付業務を開始する者が、その賃貸用不動産の取得資金を借入金により調達した場合の利息については、貸付業務の開始までの期間に対応する部分の金額は必要経費に算入することはできませんが、取得価額に算入することは認められていますのでご注意ください(同37-27(注)、38-8)。

                                  
                                                                 
                                 

3.土地建物を購入した後、その建物を取り壊した費用

                                                                    

新たに賃貸用建物を建築するために土地建物を購入し、売主との契約で買主である当方がその建物を取り壊す場合の費用について、たとえば、その建物がすでに老朽化していて利用できない状態であるケースや、取得した後おおむね1年以内にその建物の取り壊しに着手するケースなど、当初からその土地のみを利用する目的であることが明らかであるときには、その建物の取得に要した金額及び取り壊しに要した費用の額は、不動産所得の計算上必要経費に算入することはできず、土地の取得価額に加算する必要があります(所基通38-1)。

                                  
                                                                 
                                 

4.中古建物を取得した場合の耐用年数

                                                                    

業務用の中古資産を取得した場合、その資産に係る耐用年数は、合理的に見積もった残存耐用年数とされています(耐令3①一)。

                                                                    

ただし、支出した資本的支出の金額がその中古資産の再取得価額(中古資産と同じ新品のものを取得する場合のその取得価額)の50%に相当する金額を超える場合などは、耐用年数の見積りをすることはできず、法定耐用年数を適用することになります(耐通1-5-2、3)。

                                                                    

ところで、建物など個別の法定耐用年数が定められている資産で、残存耐用年数の見積りが困難な場合には、簡便法による算式により耐用年数を計算することが認められています(耐令3①二)。

                                                                    

この「残存耐用年数の見積りが困難な場合」とは、その見積りのために必要な資料がないために技術者等が積極的に特別の調査をしなければならない場合や、耐用年数の見積りに多額の費用を要する場合などとされています(耐通1-5-4)。

                                                                    

また、その中古資産の取得後に改良などのために支出した金額が、取得価額の50%を超える場合には、簡便法により使用可能期間を算出することはできません(耐通1-5-6)。

                                                                    
                                    

【簡便法】

                                                                         
                                     

1. 法定耐用年数の全部を経過したもの ⇒ 法定耐用年数×20%

                                                                             

2. 法定耐用年数の一部を経過したもの
⇒ (法定耐用年数‐経過年数)+経過年数×20%

                                       
                                    
                                                                    

この場合、計算した年数に1年未満の端数があるときにはその端数を切捨て、その年数が2年未満のときは2年とします。

                                                                    

たとえば、鉄筋コンクリート造(法定耐用年数47年)で建築後21年6ヶ月を経過した中古アパートを取得した場合、便法による建物の耐用年数は次のようになります。

                                                                    
                                    

(47年-21年6ヶ月)+21年6ヶ月×20%=(564ヶ月-258ヶ月)+258ヶ月×20%
=357.6月=29.8年 ∴29年(1年未満の端数切捨て)

                                    
                                                                    

なお、中古資産の耐用年数の計算は、その中古資産を業務の用に供した年に行うことができるものですから、その年にこの計算を行わずに、法定耐用年数で減価償却を行った場合などは、その翌年以降に耐用年数の計算をやり直すことはできませんのでご注意ください(耐通1-5-1)。

                                  
                                                                 
                                 

5.立退料の支払い

                                                                    

個人が支払う立退料については、それぞれのケースにより、税務上の取り扱いが異なりますので注意が必要です。

                                                                    
                                    

(1)賃貸用建物を建て替えるため、家主が借家人に支払う立退料

                                                                         

従前から所有している建物の借家人を立ち退かせるために支払う立退料は、その建物を取り壊してその敷地となっていた土地等を譲渡するために支出するものを除き、その支払いが確定した年分の不動産所得の計算上、必要経費に算入されます(所基通37-23)。

                                                                         

(2)賃貸用建物とその敷地を譲渡するため、売主が借家人に支払う立退料

                                                                         

建物の譲渡に際し支払う立退料や、建物を取り壊してその敷地となっていた土地を譲渡するために売主が支払う立退料は、不動産所得の必要経費に算入することはできず、譲渡所得の金額の計算上「譲渡に要した費用」として控除することになります(所基通33-7)。

                                                                         

(3)賃貸用建物とその敷地を取得するにあたり、買主が借家人に支払う立退料

                                                                         

土地や建物の取得に際して買主が借家人に支払う立退料は、不動産所得の必要経費に算入することはできず、その土地や建物の取得価額に算入されます(所基通38-11)。

                                    
                                  
                                                                 

提供:税経システム研究所

2018年2月 5日 (月)

所得拡大促進税制は30年度税制改正で大きく変わる

★ 所得拡大促進税制は中小企業者等向けと大企業向けとで異なる制度になる 平成25年度税制改正で設けられた所得拡大促進税制は、平成30年3月末で適用期限が到来することから、平成30年度税制改正で、その内容が大きく改正された上で、継続されることとなりました。 改正後の所得拡大促進税制は、中小企業者等向けと大企業向けとで、大きく内容が異なることになります。 中小企業者等向けについては、要件を見直した上で控除額が大きくなり、さらに一定の要件を満たした場合には、控除額がより大きくなる仕組みになっています。 大企業向けについては、要件を厳しくした上で控除額が大きくなり、さらに一定の要件を満たした場合には、控除額がより大きくなる仕組みになっています。

★ 計算は比較的簡素になる ① 控除額の基準 今までの制度では、基準事業年度における基準雇用者給与等支給額が、控除額の基準とされていましたので、一般的には平成24年度分の雇用者給与等支給額を、常に把握しておく必要がありました。 しかし改正後は、前年度の雇用者給与等支給額を上回る部分が、控除額の基準とされますので、計算は簡素になると思われます。 ② 継続雇用者の範囲 今までの制度では、当年度及び前年度において給与等の支給を受けた者を継続雇用者としていましたので、期中に就職・退職した者、期中に雇用保険の一般被保険者に該当することになった者や該当しなくなった者、期中に継続雇用制度の対象になった者などを確認し、その上で各人別に各月の支給額を確認する必要がありました。 しかし改正後は、前年度と当年度の全期間の各月において給与等の支給を受けた者が対象になりますので、期中の異動は考慮しなくてもよく、継続雇用者に対する雇用者給与等支給額の計算が大きく簡素化されると思われます。 ③ 継続雇用者がいない場合 今までの制度では、継続雇用者がいない場合であっても、平均給与等支給額が対前年度よりも増加するようになっており、継続雇用者がいない場合でも適用できました。 しかし改正後は、継続雇用者がいない場合には適用できなくなりますので、設立事業年度や、雇用者の全員が入れ替わるような場合には、そもそも適用できなくなります。

★ 中小企業者等向けの制度の概要 中小企業者等向けの所得拡大促進税制は、平成30年度改正によって次のようになります。 ① 適用要件 継続雇用者に対する雇用者給与等支給額の前年度に対する増加割合が1.5%以上であることとされます。 ② 税額控除額(原則) 税額控除額は、全雇用者に対する雇用者給与等支給額の対前年度増加額の15%とされます。 ③ 税額控除額(特例) 次の要件イ、ロをいずれも満たす場合には、税額控除額は、全雇用者に対する雇用者給与等支給額の対前年度増加額の25%とされます。 イ 継続雇用者に対する雇用者給与等支給額の前年度に対する増加割合が2.5%以上であること。 ロ 次のいずれかに該当すること。 (イ) 当年度の教育訓練費(※)の額が、前年度に対して10%以上増加していること。 (ロ) 事業年度終了日までに中小企業等経営強化法の経営力向上計画の認定を受け、その経営力向上計画に従って経営力向上が確実に行われたものとして証明がされたこと。 ※ 教育訓練費とは、次の費用をいいます。 ⅰ その法人が教育訓練等を自ら行う場合の外部講師謝金、外部施設等使用料等の費用 ⅱ 他の者に教育訓練等を委託する場合の委託費 ⅲ 他の者が行う教育訓練等に参加させる場合の参加に要する費用 ⅳ 教育訓練等とは、教育、訓練、研修、講習その他これらに類するものをいいます。 ④ 税額控除限度額 税額控除額は、法人税額の20%が上限とされます。 ⑤ 大法人向けの制度との選択 中小企業者等であっても、大企業向けの制度を選択することができます。 ⑥ その他の見直し イ 設立事業年度は適用できません。 ロ 地方活力向上地域等において雇用者数が增加した場合の税額控除制度を受ける場合は、現行と同様の調整を行います。 ハ 継続雇用者の範囲について、当年度及び前年度の全期間の各月において給与等の支給を受けた雇用者で、一定のものとするほか、所要の措置が講じられます。 ニ 継続雇用者がいない場合には、①の適用要件を満たさないこととされ、制度の適用をうけることができません。 ⑦ 個人課税への適用 所得税においても、従業員1,000人以下の個人事業者を対象に、同様の制度が設けられます。

★ 大企業向けの制度の概要 大企業向けの所得拡大促進税制は、平成30年度改正によって次のようになります。 ① 適用要件 次のイ、ロのいずれも満たすことが必要とされ、例えば減価償却費の総額が1千万円であれば、900万円以上の国内での新規設備投資が必要になります。 イ 継続雇用者に対する雇用者給与等支給額の前年度に対する増加割合が3%以上であること。 ロ 国内設備投資額が減価償却費の総額の90%以上であること。 ② 税額控除額(原則) 税額控除額は、全雇用者に対する雇用者給与等支給額の対前年度増加額の15%とされます。 ③ 税額控除額(特例) 当年度の教育訓練費(※1)の額が、比較教育訓練費の額(※2)に対して20%以上増加している場合には、税額控除額は、全雇用者に対する雇用者給与等支給額の対前年度増加額の20%とされます。 ※1 教育訓練費とは、次の費用をいいます。 イ その法人が教育訓練等を自ら行う場合の外部講師謝金、外部施設等使用料等の費用 ロ 他の者に教育訓練等を委託する場合の委託費 ハ 他の者が行う教育訓練等に参加させる場合の参加に要する費用 ニ 教育訓練等とは、教育、訓練、研修、講習その他これらに類するものをいいます。 ※2 比較教育訓練費の額とは、前年度及び前々年度の教育訓練費の額の年平均額をいいます。 ④ 税額控除限度額 税額控除額は、法人税額の20%が上限とされます。 ⑤ その他の見直し 中小企業者等向けの⑥をご覧ください。 ⑥ 個人課税への適用 所得税においても、従業員1,000人超の個人事業者を対象に、同様の制度が設けられます。

★ 適用時期 法人は、平成30年4月1日以後に開始する事業年度から、個人事業者は、平成31年分から適用されます。 提供:税経システム研究所

2018年1月31日 (水)

国税庁が医療費控除に関する手続Q&Aを公表


                                                                                                                                                                                         

                                                               

                               
                                 

国税庁は1月4日、平成29年分以後の所得税等の確定申告に向けて、医療費控除の適用を受ける場合の従来と異なる事項に関する「医療費控除に関する手続について(Q&A)」を公表した。

 

Q&Aは15問で、平成29年分の所得税等の確定申告から領収書の提出等に代え、医療費控除の明細書の添付が原則となる取扱いの疑問点を明らかにしている。

 

平成29年分以後の所得税等の確定申告で医療費控除の適用を受ける場合は、原則として医療費の領収書に基づいて必要事項を記載した「医療費控除の明細書」を申告書に添付して提出し、医療費の領収書を申告期限から5年間保管する必要がある(Q1)。

 

経過措置として、平成29年から平成31年までの各年分は領収書を申告書に添付等することもできるが、医療費控除の明細書を添付する原則的取扱いと、領収書の添付等の経過的取扱いは一方を選択することから(Q2注意書)、両方が“混在”した取扱いはできない。

 

また、「おむつ使用証明書」なども、証明年月日、証明書と証明者の各名称を「医療費控除の明細書」の欄外余白等に記載することで申告書への添付等を省略できる(Q4)。

 

今回の申告から、医療保険者が発行する次の6項目を記載した「医療費通知」を添付する場合には、医療費控除の記載を簡略化でき、領収書の5年間保存は不要となる。

 
 
① 被保険者等の氏名
② 療養を受けた年月
③ 療養を受けた者
④ 療養を受けた病院、診療所、薬局等の名称
⑤ 被保険者等が支払った医療費の額
⑥ 保険者等の名称
 
 

自由診療に区分される診療や薬局での医薬品の購入など医療費通知に記載のない医療費の支払いがある場合には、これらの医療費に係る領収書に基づき、医療費控除の明細書に記載する必要がある(Q7)。

 

また、自治体等により医療費の助成等を受けて窓口で自己負担額を減免されるケースもある。その金額が医療費通知に反映されていない場合は減免分を除き、実際に負担した医療費の額に基づいて計算し、医療費通知に減免分がある旨を付記したうえで医療費控除の明細書と医療費通知を申告書に添付する(Q8、9)。端数処理により医療費通知に記載された負担額と実際の負担額が異なる場合の取扱いも示された(Q10)。自己負担額(1~3割)の記載がなく、医療費総額(10割分)のみが記載された医療費通知は申告書に添付できない(Q11)。

 

このほか、医療費通知に記載されている医療費のうち「療養を受けた病院、診療所、薬局等の名称」が空欄である場合には、このままでは医療費控除の対象外なので、領収書に基づいて記載した「医療費控除の明細書」を申告書に添付して医療費控除を受けることとなる(Q12)。医療機関等の名称を医療費通知に補完記入する方法も示された(Q13)。

                                  
                                                                 

提供:株式会社税務研究会

2018年1月25日 (木)

法定相続人と相続人とで異なる相続税法上の取扱い


                                                                                                                                                                                         

 

                              
2018/01/24 著者 :  尾崎三郎
                                                             
                               

相続税の取り扱いにおいて「法定相続人」と「相続人」とで取り扱いを異にしている事項があるので、それについて次の〔設例〕に基づいて説明する。

 

〔設例〕

 

 
                                 

備考1 被相続人Aには妻も子もいない。

                                                                    

2 父甲は、被相続人Aが保険料の全額を負担していた生命保険契約の死亡保険金を取得しているが、正式に家庭裁判所に申述して相続を放棄している。

                                                                    

3 妹Bも上記の死亡保険金を取得している。また、妹Bは障害者である。

                                                                    

4 弟Cは未成年者(20歳来満)である。

                                  
 

1 生命保険金の課税(非課税の適用と非課税限度額の計算)

 

(1)父甲は民法第五編第二章(相続人)の規定による相続人であり法定相続人であるが、相続を放棄しているので相続人には該当しないため、取得した保険金は遺贈により取得したものとみなされ、非課税の規定(相法12①五)は適用されない。

 

(2)妹B及び弟Cは、先順位の相続人である父甲が相続を放棄したため、兄弟姉妹として相続人となるので、取得した保険金は相続により取得したものとみなされて非課税の規定の適用を受けることができる。

 

(3)生命保険金の非課税限度額の計算における500万円に乗じる相続人の数は、相続税法第15条第2項〔遺産に係る基礎控除〕に規定する相続人(いわゆる法定相続人)の数とされているので、法定相続人である父甲1人で500万円となる。

 

参考 退職手当金の場合も同様である。

 

2 遺産に係る基礎控除

 

遺産に係る基礎控除額を計算する場合の600万円に乗じる相続人の数については法定相続人の数とされていることから、相続人妹B及び弟Cの2人ではなく父甲1人で、3,000万円+600万円×1=3,600万円となる。

 

3 相続税の総額の計算

 

相続税の総額の計算においても、法定相続人が法定相続分に応じて取得したものとした揚合の各取得金額とされているので、課税価格の合計額から遺産に係る基礎控除額を控除した残額のすべてを法定相続人である父甲1人が取得したものとして税率を適用することになる。

 

4 未成年者控除

 

相続又は遺贈により財産を取得した者が被相続人の法定相続人に該当することが要件の一つとされていることから、相続人であるが法定相続人でない弟Cは適用を受けることができない。

 

5 障害者控除

 

障害者控除についても法定相続人であることが要件の一つとされていることから、妹Bは適用を受けることができない。

 

6 相続税額の加算

 

相続税額の2割加算の規定は相続又は遺贈により財産を取得した者が被相続人の1親等の血族及び配偶者以外の揚合に適用があるので、2親等の血族である兄弟姉妹が法定相続人である相続人の場合でも適用がある。また、1親等の血族である者が相続を放棄している場合で遺贈により財産を取得しても適用はない。なお、1親等の血族が死亡していて代襲相続人となった直系卑属(孫やひ孫)は1親等の血族に含められ適用はない。また、被相続人の直系卑属が養子となっている場合は、その養子については代襲相続人となっているときを除き1親等の血族に含まないものとされ適用を受けることになる。

                                                                 

提供:税経システム研究所

2017年12月23日 (土)

事業承継税制の特例の創設、100%納税猶予に引上げ


                                                                                                                                                                                         

 

                              
                                                             
                                                                                                 
                                 

2018年度税制改正において、事業承継税制は10年間の特例措置として、各種要件の緩和を含む抜本的な拡充を行う。基本は、施行日後5年以内に承継計画を作成して贈与・相続による事業承継を行う場合とし、まず、猶予対象の株式の制限(発行済議決権株式総数の3分の2)を撤廃し、納税猶予割合80%を100%に引き上げることにより、贈与・相続時の納税負担が生じない制度とする。

 

具体的には、「特例後継者(仮称)」が「特例認定承継会社(仮称)」の代表権を有していた者から、贈与又は相続等によりその特例認定承継会社の非上場株式を取得した場合には、その取得した全ての株式に係る課税価格に対応する贈与税又は相続税の全額について、その特例後継者の死亡の日等までその納税を猶予する。「特例認定承継会社」とは、2018年4月1日から2023年3月31日までの間に特例承継計画を都道府県に提出した会社をいう。

 

次に、承継後5年間で平均8割の雇用を維持するという雇用確保要件を緩和するとともに、2名又は3名の後継者に対する贈与・相続に対象を拡大し、経営環境の変化に対応した減免制度を創設して、将来の税負担に対する不安に対応する等の特例措置を講ずる。雇用確保要件の緩和は、要件を満たせない場合であっても、その理由を記載した書類を都道府県に提出することで、納税猶予の期限は確定しないこととする。

 

また、現行制度では筆頭株主のみが相続税の猶予対象となるが、筆頭株主以外にも最大3名まで猶予する。そのほか、現行制度では会社を譲渡・合併・解散した場合には、納税猶予税額を全額納付する必要があるが、経営環境の変化を示す一定の要件を満たす場合において、特例承継期間経過後に、会社の非上場株式の譲渡や合併による消滅、会社を解散するときは、その時点での株式評価額で税額を再計算して一定範囲で猶予税額を減免する。

 

「経営環境の変化を示す一定の要件を満たす場合」とは、直前の事業年度終了の日以前3年間のうち2年以上、特例認定承継会社が赤字の場合や売上高がその年の前年の売上高に比べて減少している場合、直前の事業年度終了の日における特例認定承継会社の有利子負債の額が、その日の属する事業年度の売上高の6月分に相当する額以上ある場合、などをいう。これらの改正は、2018年1月1日から2027年12月31日までの贈与等に適用する。

                                                                    

提供:株式会社タックス・コム

2017年10月18日 (水)

国税庁 医療費控除に関する明細書の確定様式を公表

                                                                                             
                                 

国税庁は、平成29年分以後の所得税の確定申告書(平成30年1月1日以降に提出するもの)で医療費控除の適用を受ける場合に添付が義務化される「医療費控除の明細書」の確定様式と記載要領を同庁HPにおいて公表した。また、医療費控除の特例であるセルフメディケーション税制の明細書と記載要領も併せて公表した。

 

医療費控除の明細書は、①医療費通知に関する事項、②医療費(①以外)の明細、③控除額の計算の3区分で構成。支払った医療費の合計額から保険金などで補填される金額を差し引いて医療費控除の対象となる金額を求め、最終的に医療費控除額を求める仕組みだ。

 

医療費控除とその特例であるセルフメディケーション税制は、いずれか一方の選択適用となる。「医療費控除の明細書」では、二重控除の誤りを事前に防止するため、タイトルの下に「※この控除を受ける方は、セルフメディケーション税制は受けられません」の文言を様式案から追加。記載要領においても、医療費控除を受ける方は、セルフメディケーション税制を受けることができない旨を留意的に示している。

 

一方、セルフメディケーション税制の適用を受ける場合には、特定一般用医療品等購入費の領収書の添付又は提示に代えて、特定一般用医薬品等購入費の明細書を確定申告書の提出の際に添付しなければならない。

 

セルフメディケーション税制の明細書については、①申告する方の健康の保持増進及び疾病の予防への取組、②特定一般用医薬品等購入費の明細、③控除額の計算の3区分で構成されている。同特例の適用には、健康の保持増進及び疾病の予防として一定の取組を行う必要があるが、その取組に要した費用は控除対象とならない旨を示している。

 

また、同明細書においても、医療費控除の明細書と同様に、二重控除の誤りを事前に防ぐため、タイトルの下に「※この控除を受ける方は、通常の医療費控除は受けられません」と明記するとともに、記載要領でその旨を留意的に示している。

 

医療費控除又はセルフメディケーション税制の適用に当たっては、前述のとおり確定申告書の提出の際に明細書の添付が義務化されたが、医療費又は特定一般用医薬品等購入費の領収書については、確定申告期限等から5年間保存する必要があり、税務署長から求められたときは領収書の提示又は提出が義務付けられる。

 

なお、平成31年分の確定申告までは、経過措置により、領収書の添付または提示によることもできる。

                                                                    

提供:税務研究会・税研情報センター

                                  

2017年9月 4日 (月)

「相続税の申告書作成時の誤りやすい事例集」を公表

                                 

国税庁はこのほど、相続税申告書を作成するに当たり誤りやすい項目について事例形式で紹介した「相続税の申告書作成時の誤りやすい事例集」をホームページ上に公表した。 事例集には、申告書第1~14表中における誤りやすい事例として14事例を掲載し、それぞれ間違って記載した明細書・計算書等の下に正しく記載した明細書・計算書等を掲載するレイアウトを用いて、分かり易く見やすいものとしている。

 

事例集には、「被相続人の兄弟姉妹や孫が相続した場合など相続税の2割加算の対象となる場合」や、「被相続人以外の名義の預貯金がある場合」、「所得税の準確定申告をして還付金を受領している場合」、「支給されていなかった年金を受け取った場合」、「お墓の購入費用に係る借入金や未納の固定資産税・住民税がある場合」などのほか、特にトラブルの多い生命保険税務に関する事例も複数盛り込まれており注目度が高い。

 

生命保険関係において手厚くカバーされているのは、「保険事故が発生していない生命保険契約」だ。親が契約者、子が被保険者というケースや、子が契約者及び被保険者で親が保険料負担者というケースでは、親が死亡しても保険金が支払われないが、解約返戻金等相当額が「生命保険契約に関する権利」として相続財産やみなし相続財産となり相続税の課税対象となる。

 

しかし、保険金が支払われないことから申告漏れが多く、保険会社から支払調書が提出されないため国税当局による把握も難しかった。この点については、2015年度税制改正で支払調書制度の見直しが行われ、2018年1月以降の契約者変更については支払調書の対象に含まれたことから、当局による把握が可能となる。事例集では、こうしたケースについて本来の相続財産とみなし相続財産を別建てで盛り込んでおり手厚く注意喚起をしている。

 

「相続税の申告書作成時の誤りやすい事例集」は↓
http://www.nta.go.jp/souzoku-tokushu/souzoku-ayamarijireishu/ayamarijirei1-14.pdf

                                                                    

提供:株式会社タックス・コム

                                  

« クリニックの消費税

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このジローの大学ノートについて

  • ここでは
    新しい税法とか、忘れがちなこととか、何度も確認したいことを記載しています。ビギナーの方にも分かるように説明できることを心がけているつもりです。 自分のノート代わりですので、正確な情報ではない場合もあるかもしれません。説明不足のところがあったり、正確でないところがあったらご指摘くだされば幸いです。

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ