« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月29日 (月)

出向者の給与の支払は出向先か出向元か

出向の場合の給与の取扱い
従業員の給与は労務提供の対価なので、その提供を受ける法人が給与を負担するのが原則である。出向者は専ら出向先法人のために仕事をするのが普通だから、出向先法人での労務提供に応じた給与を、出向先法人の負担で支給するのが原則となる。

出向者に対する給与の取扱いは、出向先法人から支給される場合と出向元法人から支給される場合とで異なる。

1.出向先法人から支給される場合

① 出向者が出向先の法人において使用人である場合:
  支給額は給与として損金の額に算入される。

② 出向者が出向先の法人において役員となっている場合:
  役員報酬は原則として損金の額に算入される。この役員報酬が定期同額給与または事前確定届出給与でない場合は損金の額に算入されない 。

2.出向元法人から支給される場合

法人の使用人が他の法人に出向した場合に、その出向者の給与を従来どおり出向元の法人が支給することとしているため、出向先の法人が自己の負担すべき給与(退職給与を除く)に相当する金額を出向元の法人に「給与負担金」として支出したときは、出向先の法人のその出向者に対する給与として取り扱われる。
この場合の「給与負担金」の取扱いは、出向者が出向先の法人において使用人となっているか、役員になっているかにより異なる。

① 出向者が出向先の法人において使用人である場合:
  その給与負担金の額は、原則として、出向先の法人における使用人に対する給与として、損金の額に算入される。

② 出向者が出向先の法人において役員となっている場合:
   その役員に係る給与負担金については、次のいずれにも該当する場合は、出向先の法人が支出するその役員に係る給与負担金の支出を出向先の法人におけるその役員に対する給与の支給として、法人税法34条《役員給与の損金不算入》の規定が適用されることになる。

   イ.その役員に係る給与負担金の額について、その役員に対する給与として出向先の法人の株主総会、社員総会又はこれらに準ずるものの決議がされていること。

   ロ.出向契約等においてその出向者に係る出向期間及び給与負担金の額があらかじめ定められていること。

   このため、この取扱いの適用を受ける「給与負担金」について、事前確定届出給与の規定の適用を受ける場合には、出向先の法人がその納税地の所轄税務署長にその出向契約等に基づき支出する「給与負担金」に係る定めの内容に関する届出を行うこととなる。
   なお、出向先の法人が、出向元の法人がその出向者に支給する給与の額を超える給与負担金を支出している場合には、その超える部分の金額については「給与負担金」としての性格はないこととなる。したがって、そのことについて合理的な理由がない場合には、出向元の法人に対する寄附金として取り扱われる。

3.所得税の源泉徴収

出向者に対する給与の源泉徴収義務者は、給与の実質的な負担者ではなく、給与を支払う者になる。

4.住民税の特別徴収

出向者に対する住民税の特別徴収については、市区町村から送られてくる特別徴収税額の通知書に基づいて、給与の支払者が徴収する。

参照 (法基通9-2-45~46)

2010年11月25日 (木)

Autumn Leaves 枯葉

毎年この季節になると家の周りに落ち葉が絨毯の様に積もり、毎日それをかき集めるのに苦労しております。
あと1,2週間もすれば枯葉も全て落ちてしまうのでもうしばらくの我慢です。
Dscf0045_4

「枯葉」といえばイブ・モンタンで有名なシャンソンの名曲ですが、ジャズのスタンダードとして多くのジャズメンが取り上げています。
なんと言ってもボクのお気に入りの「枯葉」の名曲が聴けるCDは

「BILL EVANS TRIO / PORTRAIT IN JAZZ 」エバンスのナイーブで鋭く硬質なプレイに加え、スコット・ラファロ(b)、ポール・モチアン(ds)とのインタープレイが素晴らしい。
もう一つ、「BILL EVANS WITH JEREMY STEUG 」ジェレミー・スタイグのフルートが加わりさらにストイックでエキサイティングな演奏になっている。

続いて、ピアノトリオでは「THE SUPER JAZZ TRIO / THE STANDARD」トミー・フラナガンのピアノタッチもすばらしいけど、このCDは録音技術がよいのかdsが五臓六腑に響渡る。

「GONZALO RUBALCABA / IMAGES」嵐のような凄まじい演奏で枯葉はすべて吹き飛んでしまうって感じ。

「CHICK COREA / AKOUSTIC BAND」

「KEITH JARRETT / STILL LIVE」

「RAY BRYANT / THROUGH THE YEARS」オーソドックスで落ち着ける。

トランペットで「WYNTON MARSALIS / MARSALIS STNDARD TIME 」が素晴らしい。

異色なCDとして「SARAH VAUGHAN / CRAZY AND MIXED UP」 サラ・ボーンの「枯葉」のスキャットはアドリブの極致であり、天真爛漫で自由無碍の境地に至っている。

どれも枯葉が舞い上がってしまうような熱演で、ちょっと寂しげな秋の夜長にワイン片手に聴くのに相応しいものばかりと思います。

2010年11月19日 (金)

中古資産の耐用年数

中古資産を取得して事業の用に供した場合には、その資産の耐用年数は、法定耐用年数ではなく、その事業の用に供した時以後の使用可能期間として見積もられる年数によることができる。
ただし、その中古資産を事業の用に供するために支出した資本的支出の金額がその中古資産の再取得価額(中古資産と同じ新品のものを取得する場合のその取得価額)の50%に相当する金額を超える場合には、耐用年数の見積りをすることはできず、法定耐用年数を適用することになる。

また、使用可能期間の見積りが困難であるときは、次の「簡便法」により算定した年数によることができる。
ただし、その中古資産を事業の用に供するために支出した資本的支出の金額がその中古資産の取得価額の50%に相当する金額を超える場合には、簡便法により使用可能期間を算出することはできない。

①法定耐用年数の全部を経過した資産
  法定耐用年数×20%=見積耐用年数

②法定耐用年数の一部を経過した資産
  (定耐用年数ー経過年数)+(経過年数×20%)=見積耐用年数

なお、これらの計算により算出した年数に1年未満の端数があるときは、その端数を切り捨て、その年数が2年に満たない場合には2年とする。

(注)中古資産の耐用年数の算定は、その中古資産を事業の用に供した事業年度においてすることができるものであるから、その事業年度において耐用年数の算定をしなかったときは、その後の事業年度において耐用年数の算定をすることはできない。

計算例
 法定耐用年数が6年で、経過年数が2年と4ヶ月の中古資産の簡便法による見積耐用年数

月数に換算し計算する

(72ヶ月-28ヶ月)+(28ヶ月×20%)=49.6ヶ月→4年と1.6ヶ月→4年となる

参照条文(耐令3、耐通1-5-1~4)

2010年11月17日 (水)

「みなし取得費の特例」計算が今年の12月31日で期限切れ廃止

上場株式等の売却益については、平成15年の税制改正で、現在の「申告分離課税」に1本化された。

しかし、譲渡損益を計算する際には、その株式の取得費の把握が必要になるが、当時まだ大量にあったタンス株などは相続等で取得したものや古い時代に購入したもので大部分を占めており、その取得費を調べることは事実上不可能だった。
そこで、取得費が不明な場合には、平成13年10月1日の終値に80%を掛けた額を「みなし取得費」として申告ができるようにしたのが、「みなし取得費の特例」。

この取得費の特例が適用さる株式は、平成13年9月30日以前(相続で取得した株式も含む)に取得した上場株式で、現在でも、相続した株式や昔に購入した株式をそのまま一般口座に保管されているもの、あるいは、株券電子化の際に必要な手続きをしないで信託銀行の特別口座に名義が移ったものも対象となる。

取得費が不明あるいは実際の取得費よりみなし取得費の方が高い株式を保有している人は、年内に「取得費の特例」を使うことで節税が期待できる。

特例が切れる来年以降、取得費不明な株式を売却した時の取得費は、「売却代金の5%」で計算することになるので、今年と比較して節税効果が大きく異なる。

このような大きな税額の開きが生じる可能性のある株式は、タンス株か一般口座の株式。繰り返すが、特定口座にある上場株式等については、取得価額は明確にされていることから、特例廃止の影響はない。

このため、年内のうちに、不明な取得価額についてもう一度調べてみる必要がある。確認の方法について、国税庁でも次のような方法を呼びかけている。

①証券会社などから送られてくる取引報告書や取引残高報告書、月次報告書、受渡計算書などの書類で確認する。
②証券会社にある顧客勘定元帳で確認する(過去10年以内は顧客の取引情報が記録されている)。
③日記帳や預金通帳などの手控えの記載で確認する。
④①~③で確認できない場合、名義書換日から取得時期を把握し、その時期の相場を基に算定する。株券電子化後、手元に残った株券の裏面で名義書換日を確認しても差し支えない。

上記1~4の方法でも上場株式等の取得価額が分からない場合、平成23年1月1日以後にその上場株式等を譲渡する場合には、「みなし取得費の特例」は利用できなくなるので、本年中に取得価額の把握するか、平成22年中に特別口座に移行するか売却するなどの検討をする必要がある。

参考:日本証券業協会のリーフレットを見ると分かりやすく説明されている。

参照条文 (租法37の11の2)

PS もし今年中に売却が殺到したら、株価は大きく下がり日本経済に多大な影響を与えるのか?

2010年11月16日 (火)

貸付金利息の金利

利息相当額の評価

使用者が役員又は使用人に貸し付けた金銭の利息相当額については、
①当該金銭が使用者において他から借り入れて貸し付けたものであることが明らかな場合には、その借入金の利率により
②その他の場合には、貸付けを行った日の属する年の前年の11月30日を経過する時におけるいわゆる公定歩合(日本銀行法第15条第1項第1号の規定により定められる商業手形の基準割引率)に年4%の利率を加算した利率(その利率に0.1%未満の端数があるときは、これを切り捨てる。)により評価する。

つまり
①借入金とひも付きなら、その借入金利率と平均調達金利のいずれか低い方
② ①以外なら、前年11月30日の公定歩合+4%と平均調達金利のいずれか低い方

ということで②の場合は平成22年においては4.3%ということになる。延滞税もこれを援用しており2ヶ月を経過するまでは4.3%となっている。
この延滞税2ヶ月を過ぎると14.6%になるが、利息制限法の100万円以上の場合の15%に限りなく近い・・まるでサラ金(古い言い方)なみ?

参照条文 (所基通36-49)

2010年11月 9日 (火)

平成22年の年末調整

そろそろ平成22年分の年末調整の書類一式が税務署から送られて来てるようである。それについていつも疑問に思うのだが、「所得税の源泉徴収簿」「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」「給与所得者の保険料控除申告書・・・」の枚数が適当すぎるということである。従業員の多いところには少なく、従業員が少人数のところには余分にあったりしている。
Dscf0043ところで 昨年と比べて変わった点は一部住宅借入金等特別控除の変更のみで、ほとんどないが、10月21日付のブログに書いたとおり平成23年分の「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の下段に住民税に関する事項が設けられ、16歳未満の扶養親族を記入するようになっている。
年末調整でよくある間違い」を「年末調整の確認事項」でまとめておいたのでご参考に。

2010年11月 8日 (月)

太郎庵に行ってきました

秋も深まり、新そばの季節になりました。「そば」が何処産とか、つゆが辛いとか甘いとかはよく解らないけど、「太郎庵」(静岡市葵区)のそばはとにかく「旨い!」。
「鴨やき」でちょっと一杯やって、「天ざる」を食してきました。通はそばは「せいろ」か「もり」なんでしょうけど、ボクはだいたい「天ざる」です。「天ざる」にはそのお店のこだわりが表現されているように思っているからです。

Dscf0032_1991x1480

静岡(特に中部地区)の蕎麦屋のレベルは何故か非常に高いと思っています。東京神田の○○とか信州松本の○○とか有名な所と比較してもそれより上の店が多いように思います。

「太郎庵」の他にボクの気に入っている蕎麦屋は、行くのにとても覚悟のいる「卯乃木」(藤枝の山の中)と美味しい鰻屋の女将から教わった「ながいけ」(藤枝市)です。
島田に別格で「薮蕎麦 宮本」ってすごい蕎麦屋がありますが、この20年の間に2回行ったことがありますが・・・ってとこです。

と云うことで今回のコーヒーブレイクは「そば」の話でした。

2010年11月 5日 (金)

通勤手当の非課税限度額

通勤手当には非課税限度額があり、限度額を超えた部分は所得税が課税される。

通勤手当の非課税限度額
①公共交通機関を利用して通勤(10万円まで)
②車、自転車等を利用して通勤
  片道 2km未満               全額課税
  片道 2km以上  10km未満        4,100円
  片道 10km以上  15km未満        6,500円
  片道 15km以上  25km未満      11,300円
  片道 25km以上  35km未満      16,100円
  片道 35km以上  45km未満      20,900円
  片道 45km以上                24,500円 
③ ①と②の両方を利用して通勤  ①と②の合計(10万円まで)

  cf.徒歩通勤者                全額課税

また給与明細で通勤手当部分が明示されていないと全額給与扱いとなり課税される。

Smartbelt_05 (注)通勤手当の消費税
事業者が使用人等に支給する通勤手当(通勤定期等の現物による支給を含む。)のうち通勤のために通常必要とする範囲内のものは、所得税法上非課税とされる金額を超えている場合であっても、その全額が課税仕入れになる。

参照条文 (所法9、所令20の2、所基通9-6の2~3)  (消基通11-2-2)

2010年11月 4日 (木)

パート社員の税金

パートの年収が103万円と130万円の前後の方は注意が必要。

Konna_p1_2

(1)年収103万円以下なら所得税はかからない(住民税は100万円を超えた場合に課税対象)
給与の課税所得=給与収入ー給与所得控除ー基礎控除 となる。
パート収入(103万円)ー給与所得控除(65万円)ー基礎控除(38万円)=0となる。

(2)パート収入が103万円を超えると夫は配偶者控除が受けられない(扶養家族でなくなる)

(3)パート収入が130万円以上になると夫の社会保険の扶養家族でなくなる
夫の社会保険の扶養家族からはずれてしまい、国民年金保険や国民年金の第1号被保険者に加入しなければならない。

2010年11月 2日 (火)

嗚呼、法人の74.5%が赤字企業

国税庁の発表した平成21事務年度における法人税の申告件数は278万6千件で、その申告所得金額の総額は33兆8,310億円、申告税額の総額は8兆7,296億円と前年度に比べ、それぞれ4兆1,564億円(10.9%)、9,781億円(10.1%)といずれも減少し、3年連続の減少となった。
黒字申告割合は25.5%と、前年度に比べ3.6ポイント減少し、過去最低とった。初めて30%を割り込んで過去最低となった前年度をさらに下回った。景気後退で製造業や卸売業を中心に企業業績が大きく悪化したことが要因とみられている。黒字法人の申告所得金額も減少となったが、黒字申告1件あたりでは4,759万円で前年度に比べ2.3%の微増となった。一方、申告欠損金額は、ピークの平成14年度(33兆116億円)に迫る勢いだった昨年度からは11.5%減の27兆3,632億円となった。赤字申告1件あたりの欠損金額は同15.2%減の1,319万円だった。
源泉所得税額は12兆2,973億円で、前年度に比べ12.7%(1兆7,838億円)減と、3年連続で減少した。これは、主に「給与所得」の税額が同9.6%(9,081億円)減の8兆5,702億円、「配当所得」が同31.7%(6,564億円)減の1兆4,154億円と減少したことによるもの。そのほか、「利子所得」は同14.1%(1,016億円)減の6,199億円、「報酬料金等所得」は同1.1%(133億円)減の1兆1,477億円などとなっている。

2010年11月 1日 (月)

役員報酬の期中の減額

期中で業績が悪くなり月額の役員報酬を減額する場合は、経営状況が著しく悪化したことなどやむを得ず役員報酬を減額せざるを得ない事情があることが必要で、法人の一時的な資金繰りの都合や単に業績目標値に達しなかったことなどはこれに含まれないことに留意する。(法基通9-2-13)

国税庁のQ&Aでは、次のような場合の減額改定は、通常、業績悪化改定事由による改定に該当することになると考えている。
① 株主との関係上、業績や財務状況の悪化についての役員としての経営上の責任から役員給与の額を減額せざるを得ない場合
② 取引銀行との間で行われる借入金返済のリスケジュールの協議において、役員給与の額を減額せざるを得ない場合
③ 業績や財務状況又は資金繰りが悪化したため、取引先等の利害関係者からの信用を維持・確保する必要性から、経営状況の改善を図るための計画が策定され、これに役員給与の額の減額が盛り込まれた場合

同族会社の場合は、①のケースは極めて限定的であり、③で対応するのが妥当と考える。

定期同額給与の場合のみでなく事前確定届出給与についても認められている。
ただし事前確定届出給与に係る変更届出書を次のいずれか早い日までに提出する必要がある。(法令69③)
①その内容の変更に関する株主総会等の決議日から1ヶ月を経過する日
②その決議した日後最初に支給日が到来する変更前の事前届出に係る支給日の前日

整備しておくべき書類
(1)減額改定を決議した株主総会議事録又は取締役会議事録
(2)減額改定を決定するに至った業績悪化を裏付ける資料
(3)将来の見通しを検討した収支計画書や損益予想表

蛇足
取締役会議事録の作成は取締役設置会社でない場合どうするか?
ふつう役員報酬は、「株主総会」で“報酬総額”を決め、「取締役会」で“個々の役員への支給額”を決めるが、取締役設置会社でない会社の場合、個々の役員報酬の額は「株主総会」で“個々の額”まで決めるのが基本である。
よって「株主総会」で、「代表取締役に一任する」か、「取締役の協議に一任する」旨の決議をとっておけばいいのか?

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このジローの大学ノートについて

  • ここでは
    新しい税法とか、忘れがちなこととか、何度も確認したいことを記載しています。ビギナーの方にも分かるように説明できることを心がけているつもりです。 自分のノート代わりですので、正確な情報ではない場合もあるかもしれません。説明不足のところがあったり、正確でないところがあったらご指摘くだされば幸いです。

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ